読み方

(ちょうじゅのいわい)



長寿の祝い


長寿を祝う儀式を「年祝い(算賀)(年寿)」といいます。

数えの六十一歳を還暦といいます。

干支は六十年で一巡して初めに戻る、つまり暦がもとに還るのでその由来になっています。

他にも古稀(こき)(七十歳)、喜寿(きじゅ)(七十七歳)、傘寿(さんじゅ)(八十歳)、

米寿(べいじゅ)(八十八歳)、卒(そつ)寿(じゅ)(九十歳)、白寿(はくじゅ)(九十九歳)、

上寿(じょうじゅ)(百歳)などがあります。

これらの年には、無事に人生を送れたことへの感謝と喜びを神さまに奉告します。