読み方

(はつみやもうで)



初宮まいり


赤ちゃんは神さまの授かりものです。誕生して七日目の「お七夜」に名付けをし、

わが家の神棚に命名書を貼り、まず神さまに奉告します。そして、

地方により差異はありますが、誕生後、男の子は三十日をすぎ、

女の子は三十一日をすぎ氏神さまにお参りするのが初宮詣(お宮参り)です。

神さまのご加護を受け、赤ちゃんの無事成長を祈願します。