読み方

(せいじんしき)





かつては「元服(げんぷく)」といって公家や武家では、

男子が成人になったことを祝い、加冠(かかん)といって初めて冠をつける儀式がありました。

現在では二十歳になった男女が、大人として社会に認められ祝福を受けます。

自治体で一月の第二月曜日に成人の日として催しが行われますが、

神社でも成人祭がおこなわれます。

無事に大人の仲間入りになった喜びを氏神さまにご奉告します。