のし袋のなぜ?



【熨斗(のし)って何?
熨斗(のし)は「のしアワビ」の略で、昔は鮑(あわび)の肉を薄く切り、火のしを使って平らにのばし、贈答品に添えていました。
熨斗(のし)は本来「のしアワビ」の一片を色紙に包み、汚れのないしるしとして贈り物に添えたものです。
現在では「のしアワビ」を模した装飾的なものを、慶事のしるしとして用い、大きさや形にも特定のきまりはありません。ただし、弔事の場合、仏教では肉食を忌むため、動物性で長生不死の象徴である熨斗(のし)は用いないのがきまりです。
熨斗(のし)袋の右上に貼り付けられてある剣先の形に色紙を折った(赤で囲んだ部分)真ん中の細長い黄色い細長いのが熨斗(のし)です。
「本来は縁起のよい熨斗(のし)をお祝いの品として送るべきなのですが、熨斗(のし)に代え、お金にてお祝いとします」という意味があります。
【水引の結び方に色々あるのはのなぜ? 】
水引の結び方には一度結んだらほどけない「結びきり」と、ほどいて何度も結ぶことのできる結び方の「蝶結び」、他にどちらにも使える「淡路(あわじ)結び/別名:鮑(あわび)結び)」があります。

[結びきり]は二度とくり返してはいけないことに使います。
結びきり
[蝶結び]は何度もくり返してよい一般的な祝い事に使います。
蝶結び
[淡路(あわじ)結び/別名:鮑(あわび)結び)]もありますが、これはどちらの場合にも使える便利なものです。
あわび結び
【神社へのお供えの熨斗(のし)袋(紙)の書き方】
神社への寄進やお供え又は祈祷を受ける際の熨斗(のし)袋(紙)の書き方。

[寄進の場合]
初穂料(はつほりょう):新しく収穫したお米に代えてお金をお供えしますという意味があります。
幣帛料(へいはくりょう):幣帛は榊(さかき)の枝に掛けて、神前にささげる麻や楮(こうぞ)で織った布を意味し、のちには絹や紙も用いますが、これらの物に代えてお金をお供えしますという意味があります。
初穂料 幣帛料

[お供え物の場合]

神饌料(しんせんりょう):神様へのお供え物に代えてお金をお供えしますという意味があります。
現物の場合は熨斗(のし)紙に「お供え」「奉献(ほうけん)」と書く場合やお酒のように「献酒(けんしゅ)」と書く場合もあります。
神饌料 奉献 献酒

[祈祷を受けた場合]
(地鎮祭・上棟祭・竣工式などの外でのお祀りの場合も含める)
玉串料(たまぐしりょう):玉串を供えると共にお金を添えるという意味があります。(仏教では香料となります)
榊料(さかきりょう):玉串料と同じで榊を供えると共にお金を添えるという意味があります。(仏教では樒(しきみ)料となります)
玉串料 榊料

[神式の葬式の場合]

熨斗(のし)は付けません。
黒白色水引(関西では黄白色の水引も使用)で
「玉串料」「榊料」「御霊前(ごれいぜん)」と書きます。(仏式では香料・樒料・ご仏前となります)
玉串料 御霊前