名称 上神谷のこおどり
(俗称)
神社 櫻井神社
斎行日時 10月の第1日曜日
内容 元々は雨乞いのおどりから始まったといわれている。
鉢ヶ峰の国神社に伝わる芸能で国神社が、明治43年(1910)に櫻井神社に合祀されてからは櫻井神社の秋祭りで毎年の10月第1日曜日に演じられ無形文化財に指定されている。
数十本の紙花(ヒメコ)と呼ばれる魔除けの紙花を挿した竹籠を背負った鬼神2人と三寸棒を持った天狗2人を中心に17人が演じる踊る。
道歌を歌いながら練り歩き、櫻井神社へ向かう。