名称 田村祭(たむらさい)
(俗称)
「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ)
神社 杭全神社(くまたじんじゃ)
斎行日時 5月23日(毎年)午前10時
内容 杭全神社は征夷大将軍坂上田村麻呂公の孫、当道により、素盞嗚尊を氏神として創建されました。
毎年、坂上田村麻呂公の命日である5月23日に、田村社において田村七名家の参列の下行われます。
神前には特殊神饌「剣菱」が供えられ、参列者にもふるまわれます。
「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ)
杭全神社(くまたじんじゃ)
「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ) 「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ)
 田村社の内部が、祭典に向け装飾されます。
 「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ) 「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ) 
「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ) 「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ)
「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ) 「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ)
田村七名家 を初め田村家縁の寺院の僧侶が参列
「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ) 「田村祭」杭全神社(くまたじんじゃ)
特殊神饌「剣菱」祭礼の終わった後に、神酒とともに参拝者に振る舞われる。