名称 踏歌神事(とうかじんじ)
(俗称)
踏歌神事(とうかじんじ)
神社 住吉大社
斎行日時 1月4日
内容 五穀豊穣を祈る儀式。昔はアラレバシリと呼ばれていた。まず祝詞を奏上し、2名の神職が神前に福の餅を捧げる。その後、神楽女による白拍子舞(しらびょうしまい)と熊野舞(くまのまい)が披露される。白拍子舞は、全国的にも貴重な秘曲。最後に福の餅撒きが行われる。当日は、福を授かろうと大勢の参拝客でにぎわう。
土地の精霊を鎮め、厄を祓うために、春の始めに大地を踏み、福を招く神に祈る行事と思われる。
踏歌神事(とうかじんじ) 熊野舞
白拍子の舞 餅撒き