名称 若菜卯杖祭(わかなうづえさい)
(俗称)
若菜卯杖祭(わかなうづえさい)
神社 生國魂神社
斎行日時 1月7日
内容 若菜卯杖祭は、七種粥(ななくさがゆ)を食べる習慣で知られる「七種の節句」にちなんだ若菜祭と、卯杖をささげる卯杖祭が合わさったもの。五節句の一つ「人日(じんじつ)」の日である一月七日に毎年行われます。
神殿では、神職が七種の一つスズシロ(ダイコン)に雌雄(しゆう)の松を挿した「島台」を神前に献じ、卯杖をささげて厄払いと開運招福を祈ります。「う」の音が通じることから、杖には梅の枝が使われています。
このあと参拝者らも社頭で卯杖を授与され、神前にささげて二礼二拍手一礼。
枝を持ち帰って水に挿し、花が開けばよい年になるとして、軒先や神棚などに枝を飾ります。
若菜卯杖祭(わかなうづえさい)
卯杖
若菜卯杖祭(わかなうづえさい) 若菜卯杖祭(わかなうづえさい)
若菜卯杖祭(わかなうづえさい) 若菜卯杖祭(わかなうづえさい)
若菜卯杖祭(わかなうづえさい) 若菜卯杖祭(わかなうづえさい)
若菜卯杖祭(わかなうづえさい)
雌の松を挿した「島台」
若菜卯杖祭(わかなうづえさい)
雄の松を挿した「島台」