土用

雑節の一つ


  古来中国から伝わった陰陽五行説では、すべての事象を木・火・土・金・水の5つに分類して世界を考えます。
五行説では春は「木気」夏は「火気」秋は「金気」冬は「水気」と割り当てていました。
しかし、これでは五行説の重要な構成要素の「土気」がどこにも分類されないことになります。
そこで、季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を「土気」に分類し「土用」と呼ぶようになったようです。
 
 
     
  土用の間は土の気が盛んになるとして、動土・穴掘り等の土を犯す作業や殺生が忌まれました。
ただし、土用に入る前に着工して、土用中も作業を続けることは差し支えないとされています。
また、下記に示す「土用の間日(まび)」には土用の障りがないとされています。
 
 
     
  春の土用 : 巳・午・酉の日
夏の土用 : 卯・辰・申の日
秋の土用 : 未・酉・亥の日
冬の土用 : 卯・巳・寅の日
 
 
     
  夏の土用は極暑、冬の土用は極寒の候にあたるが、いまでは普通に土用というと夏の土用のことです。  
     
  「土用干し」といって、衣類や書物を虫干ししたり、「土用餅」と称して餅を作ったりする慣わしもあります。
「土用餅」は、砂糖を入れた餅だとか、あんで包んだ餅だとか、よもぎ餅だとか地方によって作り方は違うが、食べると《はらわた》になるといわれました。
 
 
  土用の丑」といって、夏の土用の間にある丑の日に(二度丑の日があることもある)ウナギを食べる。
この慣わしは、江戸時代に平賀源内又は蜀山人(大田南畝)が薬になると言い出して食べるようになったという説もあります。
 
     
  なんと言っても「土用」は「うなぎ」でしょう。
万葉の昔からウナギは夏負け防止の薬とされてきました。
(万葉集には大伴家持が、夏痩せの友人に鰻を食べるように勧めている和歌が収められている)
関東では背開きにして、蒸してからたれを付けて焼き、ご飯の上にのせます。
関西ではウナギをご飯にまぶして食べるのでマムシと称して、腹開きにしてタレを付けながら焼き、ご飯の中に入れます。
 
 
  うなぎ料理としてはいろいろなバリエーションがあるが 関西では かば焼きを刻んで やはり刻んだ胡瓜と合えて 三杯酢をかける“うざく”、刻んだかば焼きを芯にして卵焼き(玉子焼き)を焼く“うまき”、牛蒡(ごぼう=何故か関西ではごんぼと発音する)にウナギを巻きつけてタレを付けて焼き上げる“八幡巻(やわたまき)”などが有名である。その他 骨せんべいや肝焼きなども酒の肴(さかな)に珍重されています。   
     
  土用の丑の日には、水に入るという習俗も広く行われています。
京都市下鴨神社では御手洗祭が行われ、境内の糺(ただ)すの池に足をつけると、脚気(かっけ)にならないという。
新潟や神戸でもこの日は海辺に出て水浴する慣わしがありました。
「うし湯」と称して、この日は風呂に入る日だとしている地方もあります。
いずれも新しい季節を前にして行う禊(みそ)ぎから始まった習俗でしょう。