1月(睦月)


   人日(じんじつ)五節供(句)の一つ  
   1月7日の人日(じんじつ)の節句は、同じ数字が並ぶ節句の中で唯一例外で同じ数字が並びません。  
     
  人日は、他の節供同様中国に由来するもの。
正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占ってその日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされていました。
ですから、7日の人の日には邪気を祓うために、七草粥を食べ、一年の無事を祈ったのだともいわれています。 
 
     
  七草粥に入れるのは、春の七草です。   
   春の七草  
   
      芹(せり)・・・芹    薺(なずな)・・・ペンペングサ

御形(ごぎょう)・・・ハハコグサ   はこべら・・・ハコベ   

仏座(ほとけのざ)・・・タビラコ    菘(すずな)・・・蕪    須々代(すずしろ)・・・大根
 
     
  七草と七草囃子   
  七草は前日に摘んで、年棚(歳神を祭った棚)の前で七草囃子(ななくさばやし)を唄いながら庖丁でまな板を叩きもって刻みます。
「七草ナズナ、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、七草なずなを手につみ入れて・・・・・」(地方により幾種類かある)
「七草囃子」は、穀物を作る上では害となる鳥を追うという鳥追いの意味もあるが、古代では疫神は外界からやってくるものという考えがあり、外界から来るものは疫神、渡り鳥は疫神を外から運んでくるという発想になったのでしょう。 
 
     
  昨今騒がれている「鳥ウイルス」、古人の人達は渡り鳥が疫神を持ってくると知っていたのには驚きです。
七草粥を食べて風邪にかかりにくい身体作りをしておきましょう。