1月(睦月)


   小正月(こしょうがつ)1月15日。  
   小正月は元日の大正月に対して言うもので、女正月、十五日正月などともいいます。
1日から15日を「松の内」といいます。
「大正月」は、公的な性格の強い正月。「小正月」は、私的な性格が強い正月といわれています。
新暦における1月15日に特別な意味は有りません。が、旧暦の1月15日には、新暦の15日と大変違うことがあります。
それは「月」です。
旧暦の15日は「十五夜」つまり満月の日なのです。
中国から伝わった暦は「朔から朔」ですが、「朔から朔」にこだわる必要もありません。「満月から満月」でもよいわけです。
古い時代はもっと素朴に目に見える月の形が同じになる日を月の初めとする原始的太陰暦が原点として使われたと思われます。
小正月はこの様な古い古い形の言い換えれば日本的な正月を祝う行事の痕跡と考えられます。
古い時代に行われていた様々な行事のう ち、「公的性格」の強い行事は暦の元日へと移動して行き、家族や狭い地域共同体などだけが行うような「私的行事」の多くは、小正月に残ったと思われます。
 
     
  -小正月の行事-   
   「左義長」  
  左義長はどんど焼きとも呼ばれます。正月飾り、門松、書き初めなどを焼く行事です。
正月に関連するこうしたものを焼くことで、年越しに迎え入れた年神を、煙に乗せて天上へ送る行事だと言われています。 
 
     
  注連飾りの「橙(ダイダイ)」は名前が「代々」に通じることから「代々家が絶えることなく繁昌しますように」という願いと共に縁起の良い果物として鏡餅などの正月の飾りに用いられます。
橙は初夏に白い花が咲き、冬に果実が実り、果実の色は橙色(だいだいいろ)と呼ばれ、冬を過ぎても木から落ちず、そのまま置いておくと2〜3年は枝についています。ここから「だいだい(代々)」と呼ばれるようになったとされています。
果実は春になると再び緑色に戻ることから、「回青橙」とも呼ばれます。
橙は太陽を表しています。注連飾りを燃やす際には、橙は外してお風呂に入れて橙風呂にすると良いでしょう。 
 
     
  鏡餅(重ね餅)の干し柿をとんどに持ってくる人がありますが、干し柿は整腸作用があり、便秘症の人には良い食物です。
大根と干し柿のなます料理なんて美味しいですね。 
 
 
橙(ダイダイ)           大根と干し柿のなます
橙(ダイダイ) 大根と干し柿のなます
 
  「綱引き」 
綱引きに関して言えば、村の東西や隣村との間で行われることが多く、その年の作物の作柄を占う行事です。
 
     
  「粥占い」
粥占いは、小豆粥を炊く際に、粥の中に竹筒を入れて、筒の中に入った粥の多少で、今年の米の出来を占います。 
 
     
     
   こんなにも大切な「小正月」の15日が、平成10年制定されたハッピーマンデー制度のおかげで忘れ去られようとしています。
日本人が自らの文化を捨てた一つに、この15日の祝日があります。といってもこの祝日「小正月」としての祝日ではなく「成人の日」としての祝日だったのです。
「小正月」の15日が「成人の日」となったのには、かつて元服の儀が小正月に行われていたからです。このことも考慮に入れず代えてしまったのは如何なものかと思います。
1月15日の「小正月」を祝日に。と願っています。