2月(如月)


   食文化  
  近年に日本中に広まった食の風習が二つあります。
一つは節分での巻き寿司の恵方を向いての丸かぶり。
後の一つは聖バレンタインデーのチョコレート配り。 
 
     
   節分といえば「豆まき」ですが、近年全国的に「巻き寿司の丸かぶり」の風習が広がりつつあります。
しかし考えてみれば節分の豆まきもいつか誰かが始めたのですから、巻き寿司の丸かぶりが節分の代表行事と豆まきに打って変わっても不思議じゃないですね。
「巻き寿司の丸かぶり」の風習は、1973(昭和48)年に大阪海苔問屋協同組合海苔屋が、海苔の販売促進をねらって始めたものと言われています。とにかく大阪が発祥であることは間違いないです。
「その年の恵方を向いて、心に願い事を念じて一本の巻き寿司を無言で食べると願いがかなう」といわれています。
巻き寿司は「福を巻き込む」包丁も入れずに丸ごと食べるのは「縁を切らないため」黙って食べるのは「福が逃げないように」だそうです。
大阪で出来たこの風習は北海道に飛び火しました。やがて北海道から東京に行き、今では日本全国で行われるようになりました。
 
     
  若者の2月の話題は14日の聖バレンタインデーのことでしょう。
話題は、女子は愛の告白の証に誰にバレンタインデーのチョコレートをあげるか。はたまた、男子は何枚のチョコレートをもらうかでしょうか。
聖バレンタインデーは、もともとキリスト教の行事で、恋人たちの愛の誓いの日。ヨーロッパでは、この日を「愛の日」として花やケーキ、カード等を贈る風習がありますが、女性が男性に愛を告白するためにチョコレートを送る日ではないのです。
女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本独自のものなのです。
仕掛けたのは東京は新宿の伊勢丹での1958(昭和33)年のチョコレートセールが始まりです。1年目は3日間で3枚、170円しか売れなかったそうですが、今では国民的行事となっています。
昨年のことですが、若い女の子が拝殿前の賽銭箱の上に紙袋を置いて熱心にお詣りをしていました。
声をかけると、彼女曰く「今日のバレンタインデーに、思いを寄せている人にチョコレート渡すのだが上手くいくようにバレンタインの神様にお祈りしている」とのことでした。
聖バレンタインを日本の神様にしてしまった彼女はやはり日本人なのですね。 
 
     
  この二つの風習が、どちらも2月なのは不思議です。
風習は生まれては消え、消えては又生まれるものだと思いますが、その根底に流れるその国々の文化は消えることなく息づいているものです。
この様な食に関わる日にこそ、皆で食の大切さを考えてみましょう。