4月(卯月)


   清明(せいめい)  
   二十四節気の一つ。   4月5,6日頃    七十二候  
   さっぱりして明るくなる日。
この頃になると、春らしくなり草木の花が咲きはじめます。
 
     
   清明という字で思い出すのは「安倍晴明」
生まれも育ちも、大阪は阿倍野。
安倍晴明は京都と思われがちですが大阪に縁が深い人です。
 
     
  阿倍王子神社(大阪市)
阿倍野区阿倍野元町)
信太森神社(葛葉稲荷)(大阪府和泉市葛の葉町) 
 
    清明塚
河内長野市内の西高野街道を歩いていますと清明塚があります。
 
 
 平安時代に活躍した陰陽師の安倍晴明が
所蔵していた天文学の書物を埋めたと言われています。
 
   特に近年では夢枕獏の小説(のち漫画・映画化)のヒットにより、京都にある晴明神社が人であふれかえるほどの大ブームとなりました。
きつねうどん(そば)を「しのだうどん(そば)」、きつね寿司を「しのだ」と大阪では言うこともあります。
てなもんや三度笠の主人公・あんかけの時次郎は「泉州・信太の生まれ」という設定です。
 
     
     
   お稲荷さんの眷属(けんぞく)さんは狐さん。
眷属とは神様のお使いです。
神様とは違います。
稲荷神社の祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)です。
元々は農業の神様です。
お稲荷さんが農業の神であるために、五穀豊穰・商売繁盛・交通安全といったご利益があります。