5月(皐月)


   立夏(りっか)  
  二十四節気の一つ。   5月5,6日頃   七十二候    
  気象的には6月からが“夏”ですが、二十四節気では陽暦 5月初旬頃からを夏としています。
新緑の季節で、九州では麦が穂を出し、北海道では馬鈴薯や豆の種まきが 始まります。
また北日本ではこの頃にようやく桜が満開と なります。
旧暦ではこの日から立秋までをいわゆる“夏” としています。 
 
   
 「漢字語源辞書」の「夏」の記文を抜粋しました。
甲骨文字  金文  篆刻  楷書
「夏」の字は、大きな仮面をかぶって舞う人の意でそれを補う意から
「大きい」意を派生した。
さらに夷(背丈の低い人種)に対して、せたけの大きい中華の人を夏といい、
また万物の大きく成長する季節を夏という。

「漢字語源辞書」 (文学博士 藤堂明保著) 《學燈社》
 
     
   日根神社(泉佐野市日根野)五月五日に「まくら祭」  
     
     
  3日が「憲法記念日」 4日が「みどりの日」 5日が「こどもの日」 この週を昔からゴールデンウイークと言っています。
最近この週に異変が・・・・・。お宮が静かなんです。
皆さんは家族で友人と旅行に行っているのでしょう。
長旅の時は氏神様に詣でて、旅の安全を祈念してください。
お守りを携えての旅行、必ず神様は守ってくださいますよ。