7月(文月)


   七夕(たなばた) 五節供(句)の一つ。  
     
   中国の牽牛(けんぎゅう)【アルタイルと呼ばれる鷲座の主星】と西の岸の織姫(おりひめ)【ヴェガと呼ばれる琴座の主星】の伝説と「乞功奠(きっこうてん)」(裁縫の上達を願い祈る祭り)の風俗とが輸入され日本固有の棚機女(たなばたひめ)に関する信仰に翻訳、集合されたといわれています。日本では聖武天皇のころから行われ、現在のように、笹に読み書きや手芸の上達を願った短冊をつるすなどの風習は、江戸時代、寺子屋の行事として盛んになったということです。  
     
   最近の七夕祭は、新暦の七月七日ですが、仙台の七夕は八月の立秋におこないます。
七夕には織姫の糸にちなんで、素麺(そうめん)をお供えします。
古代には七夕は七月七日の節供(句)で、宮中では索餅(さくべい)が供えられました。
索餅とは中国伝来の菓子で、小麦と米の粉を練って紐状(ひもじょう)に作った、うどんや素麺の祖形(そけい)です。また素麺は、お盆の行事にも欠かせないもので、野菜や果物、お萩(萩の餅)などと共に盆棚(ぼんだな)にお供えします。
 
     
 
七夕の笹飾り 『市中繁栄七夕祭』(名所江戸百景の一つ。歌川広重):江戸後期 仙台七夕まつり

−『七夕の笹飾り』(写真左)・『市中繁栄七夕祭』(名所江戸百景の一つ。

歌川広重)江戸後期(写真中央)・『仙台七夕まつり』(写真右)−
写真をクリックすると拡大)

 
     
  大阪の交野市には七夕と関わり深い神社が鎮座しています。
機物(はたもの)神社 :交野市倉治1−1−7
 
 
 機物神社の七夕祭り機物神社の七夕祭り
 
     
   氏子の皆様に一言  
   笹飾りに処理について  
   以前は願いを込め川に流しました。しかし最近では河川の汚染につながるということでされなくなりました。
七夕祭を行っておられる神社では、七夕の笹飾りを受け、祓いをした後にお炊き上げ神事を行います。
これは祭事として行っています。
 
  多くの神社では七夕祭りを行っていません。
七月七日の七夕が終わるとそっと神社に七夕の笹飾りを捨てに来る人がいます。
神社はこの様なことが一番困ります。
願いを込めた短冊を神社に捨てに来るのは間違っています。
神社が笹飾りを受けていませんと言っても無理に置いていく人があります。
祓いを受け、お炊き上げをして願いを天上に送る神事をしないのでは七夕の笹飾りをした意味がありません。
近隣の神社に七夕の笹飾りを受けるか、受けないかを先に尋ねてください.
受けていただけるとなると「幾ばくかのお供え」を添えてお渡しすることが、神様への礼儀だと思います。
神社では後祓いの神事をした後、皆様の願いが神様に届くよう焚き上げをします。
 
     
  人形や要らなくなった神器なども同じです。
最近、仏壇に供えた花、仏器などを持ってきたりする人もいるようです。
困ったものです。
神社をゴミ捨て場と勘違いしている人が居るようです。
これらの物を普通に捨てると「バチが当たるのではないか」と思うのでしょうが、神域に無断で置いて帰る方が「バチ」が当たります。 
 
     
  神の依り代となる神札・お守り等はどの神社でも受けていますが、その他の物で困った場合、塩でお清めをした後、きれいな袋に入れて、ゴミとして出してください。