9月(長月)


   重陽(ちょうよう)  
   五節供(句)。9月9日のこと。旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。  
  陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である九が重なる日であることから「重陽」と呼ばれ、大変めでたい日とされました。   
  邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしました。
また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣がありました。
茱萸(しゅゆ=ぐみの実のこと)を袋に入れて丘や山に登ったりしました。
しかし、現在では、他の節句と比べてあまり実施されなくなりました。 
 
  明治までさかんに行われていた重陽の節句が、現代に引き継がれなくなったのは、旧暦から新暦に「こよみ」が移り、まだ菊が盛んに咲く時期ではないことが大きな原因かもしれません。   
     
  清酒に於いては重陽の節句は生きています。
菊の付く名前の清酒
「大阪府」:千両菊  「埼玉県」:菊泉  「青森県」:菊駒  「岩手県」:菊の司  「茨城県」:菊盛 白菊  「栃木県」:菊・菊の里
「千葉県」:総乃寒菊  「神奈川県」:菊勇  「新潟県」:菊水  「兵庫県」:菊正宗・菊千歳・菊の日本・灘菊・菊源氏・菊川
「奈良県」:菊司・菊水・御代菊  「滋賀県」:菊翁・猩々菊  「和歌山県」:菊御代  「徳島県」:司菊・三芳菊  「香川県」:綾菊
「高知県」:菊水  「石川県」:菊姫・白菊・白山菊・若狭菊  「富山県」:富美菊  「岐阜県」:深山菊・千代菊  「山梨県」:菊星  
「愛知県」:菊石  「広島県」: 勝菊・菊文明・喜久牡丹・喜久娘  「福岡県」:国菊・旭菊  「佐賀県」:光栄菊・千歳玉菊  
「熊本県」:菊の城 
地酒の中にはまだまだ菊の名前の付いたお酒はあると思います。
清酒の名前はお国柄の多種多様な名前が付いています。 
 
     
     
  「六曜(ろくよう)について」
「六曜」というと何か分からない人でも「大安」「仏滅」・・・というと、ほとんどの人は知っています。
「重陽」の節句は、旧暦から新暦に「こよみ」が移った為にすたれたと言われていますが、「六曜」は、旧暦から新暦に「こよみ」が移った為に脚光をあびたと言われています。
旧暦に於いては六曜なんて相手にもされなかったのです。
新暦になって一週間を表す「七曜」ができたことにより「六曜」と名付けたと言われるぐらいです。
旧暦では、1月・7月の1日は「先勝」と決まっていました。
六曜では並ぶ順番は変化しません(現在の例で言えば、仏滅の次は大安)ので、1月・7月の1日が先勝で有れば、あとは2日→友引  3日→先負 4日→仏滅  5日→大安  6日→赤口  7日→先勝 ・・・と自動的に決まります。これは、現在の「曜日」ににています。
旧暦の2月・8月の1日は「友引」。3月・9月の1日は「先負」。4月・10月の1日は「仏滅」。5月11月の1日は「大安」。6月・12月の1日は「赤口」と決まっています。
旧暦の8月15日「中秋の名月」は仏滅。9月9日「重陽の節句」は大安と決まっています。だから吉凶を占う意味がなさなかったのです。
今の世間一般の人が考えるほど「ありがたい」ものではなかったそうです。 
 
  ところが、月の日にちと自動的に決められていた六曜が、明治5年12月3日を明治6年1月1日と定めた「明治の改暦」によって、新暦では毎年の1月・7月の1日が「先勝」ではなくなりました。「ズレ」を生ずることになったのです。
この「ズレ」が六曜の地位を確立させ、「吉凶」を占わせる結果となったのです。 
 
  「明日の日曜日は大安なので初宮詣に午前中にお参りに行かせていただきます」と、言って来られる方がいます。
大安だから詣るのではなく、神様に詣る意義をもっと考えて欲しいです。
「初宮詣」は、生まれた子供が三十日の忌み明けを以て氏神様に参拝します。
氏神さまは、子の守り神となります。ここに氏神と氏子としての相互関係が生まれるのです。
六曜など関係なく、一日も早く氏神に参拝して、神々のご加護を頂くことが必要なのです。
氏神さまに、一ヶ月に一度以上は感謝を込めてお参りに来る習慣が欲しいものです。 
 
     
     
   『招霊(おがたま)の木』  
   日本に自生するモクレン科では唯一の常緑樹である。別名オガタマトキワコブシ  
   招霊の木招霊の木実  
   招霊(おがたま)の木。又は小賀玉の木とも表記します。
和名は神道思想の「招霊」(おぎたま)から転化したもので、和歌、俳句の季語にも用いられています。
日本神話においては天照大神の天岩戸隠れにおいて天岩戸の前で舞った天鈿女命(アメノウズメノミコト)が手にしていたとされ、古くには榊などとともに神前に供える木として用いられました。このことから地方に於いては、真榊とも言います。
 
  常陸宮正仁親王のお印であり、自治体においては宮崎県高千穂町などが町のシンボルとしています。   
  ※注)トウオガタマ(カラタネオガタマ)は中国原産で、日本でも庭木や生け垣としてよく植えられています。
このカラタネオガタマは招霊(おがたま)の木とは別種です。
花は初夏に咲き、バナナに似た強い香りを放ちますが、招霊(おがたま)の木はトウオガタマのような強い香りを放ちません。 
 
 
左:トウオガタマ(カラタネオガタマ)の花       右:オガタマの花
 
     
  『1円硬貨の図案は招霊の木』   
   1円硬貨に施されている木の図案は招霊(おがたま)の木だと言われています。  
 
招霊の木